【マリオット・インターナショナル】2021年度、アジア太平洋地域で約100軒のホテル開業を計画 継続的にブランド拡大を伸ばす

~2020年度は、アジア太平洋地域で75軒のホテルを開業する~ /プレスリリース転載

  • 2021年1月19日(火)
  • W大阪 外観イメージ
  • JWマリオット上海奉賢 外観イメージ

 

マリオット・インターナショナル(本社:米国 メリーランド州、社長兼最高経営責任者:アーニ・ソレンソン)は本年度、アジア太平洋地域における新たなホテル開発を約100軒予定しており、新デスティネーションに進出することで、ブランドの更なる認知拡大を図るとともに、他とは一線を画す「体験」をご提供いたします。

 昨年度にいおいてはアジア太平洋地域で75軒のホテルを開業、そしてホテル開業数800軒目と大きな節目を迎えることができ、平均して週に1軒を超えるホテルを開業して参りました。さらに、約4,200戸に及ぶマリオット最大のブランドレジデントプロジェクト契約を締結した他、昨年度だけでもアジア太平洋地域の開発パイプライン(今後開業予定のプロジェクト)には、約27,000室が加わっております。

【中華圏】
 中華圏でのマリオットのレジャー旅行予約数は好調に推移しており、中国本土の第三四半期は前年比約25%以上の増加を示しております。

 本年度の春には、中華圏内で400軒目、上海市内では50軒目の開業となる「JWマリオット上海奉賢」が開業いたします。さらに、「W長沙」、「W厦門」、「セントレジス青島」、「リッツ・カールトン・リザーブ九寨溝」をはじめとする、当社のラグジュアリーカテゴリーに属するブランドが本年度開業を予定しており、中華圏におけるラグジュアリーブランドの確立を更に強化して参ります。また、昨今著しい発展を遂げていることで注目の四川省の綿陽では「シェラトン綿陽」が開業を予定している他、文化要素が魅力な都市南京では「ウェスティン南京リゾート&スパ」が開業を控えております。

【国内&中華圏以外のアジア太平洋地域】
 日本では「W大阪」の開業によりWホテルが日本に初登場、オーストラリアではラグジュアリーコレクションホテル第一号となる「タスマン,ラグジュアリーコレクションホテル,ホバート」が開業いたします。また、芸術、文化、音楽、食において世界最高の都市の一つとして称賛されるオーストラリアのメルボルンでは、同国2軒目のWホテルとなる「Wメルボルン」が春に開業、本年度初旬には、「メルボルン・マリオット・ホテル・ドックランズ」が開業を予定しております。

 世界有数のリゾート地であるモルディブには、本年度夏頃に「ザ・リッツ・カールトン」が初進出、リッツブランドの伝説的なサービスを美しいモルディブ諸島でご体験いただくことができます。リゾート地においては更なる拡大を進めており、韓国の済州島には「JWマリオット済州」の開業を予定している他、インドの人気高いビーチデスティネーションであるゴアには、ウェルネスにフォーカスしたブランド「ウェスティン」が今夏開業予定です。

 国内においては、国内旅行と地方活性化を目指し、本年度は「道の駅」に隣接する6軒の「フェアフィールド・バイ・マリオット」をさらにオープンする予定です。フェアフィールド・バイ・マリオットは、2023年末までに日本国内において30軒以上の開業を見込んでおります。

 「パンデミックによる困難な状況の中でも、当社が拡大を続けられたこと、また新しい環境への適応が早急に対応できたことを大変誇りに思っております。2020年4月に新たに設けた徹底した衛生基準とともに、リモートワーク用宿泊パッケージ等の画期的なプラン、地域コミュニティーとの連携を強化したローカライズなマーケティング手法とセールス戦略、また、いち早く先を見据えたアプローチで、困難な状況に屈せず、前へと進んで参ります。当社スタッフが見せた継続的な適応力と積極性、そしてお客様、オーナーおよびフランチャイズの皆様が当社を信頼し続けてくださることに大変感謝しております。アジア太平洋ならびに全世界のお客様の旅行需要にお応えできますよう、引き続き体制を整え、維持してまいります」(マリオット・インターナショナル アジア太平洋地区グループ・プレジデント、クレイグ・S・スミス氏のコメント)

 「当社のパイプラインの強さは、アジア太平洋地域での長期的な開発プランを裏付けるものになっております。昨年度は困難多き環境下にも関わらず、アジア太平洋地域で新たに契約締結に至ったホテル開発数には大変誇りに思っております。旅行の回復と、マリオットのブランドポートフォリオの強みに信念を持ってくださったオーナーおよびフランチャイズの皆様に、心より感謝申し上げます」(マリオット・インターナショナル アジア太平洋地区最高開発責任者、ポール・フォスキー氏のコメント)

*将来の見通しに関する注意事項
上記は歴史的事実ではなく、米国連邦証券法における「将来の見通しに関する記述」に あたります。従いまして、当社が米国証券取引委員会に提出した最新の年間報告書(Form 10-K)四半期報告書(Form 10Q)に記載したリスク要因をはじめとする様々なリスクや不確実性を伴い、将来の業績を保証するものではありません。いずれ かの要因により、上記記述とは実質的に異なる結果となる可能性があります。リスク要因としては、新型コロナウィルスによる影響、パンデミックによる政府の施策、経済の悪化や停滞、ホテルの経営状況、従業員の人員削減、組織再編などが挙げられます。上記の将来見通しに関する記述は本発表の日付当日のものであり、新しい情報や将来的な状況変化により、当社がその更新または改定を行う義務は一切負わないものとします。

マリオット・インターナショナルについて
 マリオット・インターナショナル(NASDAQ: MAR、本社: 米国メリーランド州ベセスダ)は、132カ国・地域に30のブランド、 合わせて7,500軒以上の宿泊施設を擁するホスピタリティ企業です。世界中でホテルの運営およびフランチャイズや、リ ゾートのオーナーシップ・プログラムを展開しています。当社は、受賞歴を誇る旅行プログラム、Marriott Bonvoy™ (マリオット ボンヴォイ)を提供しています。詳しい情報は、www.marriott.com をご覧ください。また最新の企業ニュースは、www.marriottnewscenter.com をご覧ください。Facebookや@MarriottIntlにてTwitterとInstagramでも情報発信しています。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ランキング
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ